上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.08.13 ひろしぃぃぃ
今日からお盆です。街中にも県外ナンバーの車が目立ちます。

こんなに暑いお盆も珍しいですね~(;´д`)

さて、私はこの前も書いた通りお仕事です。

仕事が終わって遅めの夕飯を食べ終わって一息ついた頃にテレビから聞き慣れたメロディーが!?

おぉーーw(゚o゚)w

ひろしの『故郷』だー!

そうなんです。NHKの思い出のメロディーのトリですよ!まさか聴けるとは思わなかったんですが、やっぱり良いね~(T_T)

そう、誰にでも故郷はあるんだよね~、ん~(T_T)


やっぱりちりとてちんは良いですね(笑)
お母ちゃんが好きになるのも納得です(^m^)
スポンサーサイト
えぇ~現在6連勤の真っ最中でございます。

何とか、生きてます(笑)いや、行ってます(笑)

虎さんの舞台の東京公演も無事に終わったようでなによりです。レモンスカッシュ飲んでみたかったなぁ~この時期の炭酸は美味しいですよね(^~^)

さて、疲れてダラーっとしながら面白いテレビ番組もないな~と思いながら、ふと地元のケーブルテレビにチャンネルをあわせていたらば、ん!?
この音楽は(ノ゚O゚)ノ

そうなんです!!
な、何と

ちりとてちんの再放送が!!!!!

もう~ビックリΣ(゚ロ゚ノ)ノ

私の地元のケーブルテレビでは、前々から毎日地元ニュースのあと昔の朝の連続テレビ小説の再放送をしているのは知ってたんですけど、おしんとか新しくてもあぐりぐらいだったので、まさかちりとてちんをやってるなんて全然ノーマークでした(>_<)

ホントに偶然だったのでビックリでしたねw(゚o゚)w

しかも寝床の落語会、師匠の奇跡の復帰の回だったので余計に嬉しかったO(≧∇≦)o
四草さんの崇徳院も聞けたしo(^-^)o

ん~これでちょっと、元気がでてきたかも。

ナイス、ナイスだ~!!
ありがとう~我が地元のケーブルテレビ(ノ><)ノ
ツイッター上でちりとてちんのプロデューサー遠藤さんが是非ちりとてファン必見と言っていた昨日の「てっぱん」
・・・あれは、最後のあかりが船に乗って大阪へ旅立つシーンが、小浜から大阪へ旅立つ喜代美ちゃんのお母ちゃんの「ふるさと」と一緒?という事ですね。

ふ~ん・・・なるほどねぇ~。ちょっと肩透かしだったような気がしないでもありませんが、ちょっとなんか、ちりとての小道具でも登場するのかな?なんて思ったりしていたので、同じ大阪放送局だし、草々の子役時代を演じていた森田君もでてるし、と勝手に期待しすぎたかも。
でも、あのシーンよりも、あかりの一番上のお兄ちゃんが工場を継ぐ事を決意した弟にかけた言葉にはグッときましたね。
今週からは大阪の生活がスタートするようですから、どんな展開になっていくのか楽しみに見ていきたいと思います。

さてさて、ちりとてちんの再放送も終わって2週間。ちりとての事をもっと書くぞ!なんて思いながら、いざ書こう!と思うと何をどうやって書けばいいかなと二の足を踏みっぱなしで、全然まとまりそうにないのですが、つらつらと書いていきます。

やっぱり、思うのは、この作品。私が見てきた(と言っても数は多くないかもしれませんが)
朝ドラの中ではダントツのNo.1作品です!!

なにより、主役である喜代美ちゃんの性格が共感する所が多い!!そうそう、そうなんだよねぇ~とうなずきながら毎朝見てました。朝ドラ史上初のヘタレキャラという事でしたが、これが凄く良かったんじゃないかなと素人ながらに思いました。
1週目から面白かったですもん。お母ちゃんのキャラクターも最高によかったですね。
いつも、失敗ばかりですけど、そこが身近に感じられる主役だったからこそ、応援できるというかな、やっぱり上手くいくことのほうが少ないかもしれないけれど、失敗や挫折を乗り越えていこうかな。なんて思わせてくれたのもいいんですよ。押し付けがましくないところが。
そして、脇役のストーリーをきっちりと描いてくれた所も素晴らしい。正平君のストーリーがなんとなく好きですね。私も2人兄弟の2番目なので(苦笑)なんで、こんなに気持ちがわかるんだろうか?と思いました。

しかし、やはりこのドラマで一番の収穫?は、虎ノ介さんに出会えたこと!コレですね。やっぱり
再放送を一気に見て、虎ノ介さん、後半にいけばいくほど、素敵になっていくのが一目瞭然!!!
どんどん四草さんになっていくのが素敵でした。

で、ふと考えてみたのですが、私自身はいつから四(ヨン)様ファンになったんだと・・・。
最初は、書いた通り主人公のキャラクターに共感して毎日欠かさず見ていた「ちりとてちん」。最初の頃の四草の印象は、嫌なヤツだなぁ~だったと記憶してます。
女の人に靴投げたりしてましたし、なんでここまで徒然亭に対して拒んでいるのかと。
ただ、理由がわかったときは、ほぉ~結構、情の篤い人だと思いましたが、ここではそこまでは気にならなかったんです。その後も小草若が寝床寄席に参加する事が決まって1人こっそりとチラシを直しながら微笑んでいる様子にいい人じゃない!って思っただけでした。
大晦日のおごりますよも実は、この回だけオンタイムで見てなかったんですよ!だから完全にスルーしていて、コレ見てたらちょっとグラっときていたかも(苦笑)
ちょっと気になりだしたのは、若狭の家に押しかけて正平君の部屋での小草若とのやりとりとかですかね。
それで、その後、弟子たちの過去をピックアップした週での「まんじゅうこわい」での四草さんを見て、カッコイイ・・・。と思い、次の週の地獄八景での舞妓さんとその次の週、誰もいない稽古場での「算段の平兵衛」で完全に心を奪われました
今見ると、四草にハマったのは、結構遅かったのですが、今では本当に大好きな俳優さんのお一人です。
このドラマで出会えた事は本当に奇跡というかね、感謝しております。

名シーンは数あれど、やっぱり虎さんファンの私としては、まいご3兄弟のメイキングでの虎さんとスタパでの目からよだれが出ている虎ノ介さんがNo.1です
最近また、ちりとてちんのDVDやら色々引っ張り出して、メイキングやらスタパなど見てやっぱり良かったなぁ~このドラマ最高だよ。と一人浸っております。

・・・・ん~どうやって締めようか(笑)
振り返ってみると、私にとってはこのドラマとの出会いがとにかく色々と変えてくれたなと思っています。
虎さんに出会えた事、それを機に虎さんのイベントで出会えた人達に、ブログを始めて出会えた方々・・・。全ての始まりはこのドラマだったので、少し大袈裟かもしれませんがこのドラマのおかげで色んな出会いと楽しみをもたらしてくれた私の人生になくてはならいものになったような気がしています。
次に気になる藤本さんのドラマといえば、再来年の大河ドラマですよ!是非、虎さんをお願いします。
大河ドラマは出演してはいますが、今度は、もっと台詞のある役で是非とも、お願いしますだ


再放送もあっという間に終了してしまいましたね。
ということで、ちりとてちん外伝「まいご3兄弟」です。

この時の落語会って四草会だったんですね!
その四草会で、草々は珍しく創作落語を披露します。その創作落語とは、徒然亭3兄弟の一夜のお話でして・・・
本編の放送週だと17週の「子はタフガイ」の時の小浜からの帰り道、四草は道に迷ってしまい、しかもガス欠。
近くの民家を訪ねることに。

3人が迷った場所は、滋賀県の安曇川。訪ねた家は、扇子の骨の部分「扇骨」を作る職人さんの家。
ここに泊めてもらわなかったら、西洋の旅人(笑)それはそれで、見てみたいような(^_^;)
結局、3人は朝まで世話になることに。
奥さんの計らいで鮒寿司と地酒をいただく3人。酔いもまわって、ふるさとは唄うは(吉弥さん歌が上手)、相撲はとるわの大騒ぎ。(デコピンの返しが膝カックンって(苦笑)本当に子供の喧嘩ですね)ちえ子さんのノリツッコミもおもしろいですね。
隣りでは、朝まで作業中の萬事さんが・・・。
本当に、ここの流れはおもしろかったですね!

四草は、きつねうどんをかけて、みんなが黙るような話をすることに。
四草は、自分の身の上話を・・・。ここの感情を折り込みながらのニセ?身の上話の演技は流石というか本当にだまされそうですね。
ついに、萬さんキレたか!?と勢いよく戸が開くと、突然四草に向かってすまないと、自分の過去を語りだします。が!四草の話した身の上話は、嘘(算段)だったことが

気まずい雰囲気のなか、外へ行こうとする四草を座りなさいと引き止めたちえ子さん。
作業場で作業を見る四草。一服の際に四草は、すまなかったと謝り、萬事は、ちえ子さんへの思いを四草は自分の心のうちを素直に語りだします。この時の2人の感じがねいいんですよ!!
師匠にも言えない、本当の気持ちだったんだと思うと泣けますよ
そして、時間は夜中の12時をまわると・・・

戸の向こうから、バースデーソングが
なんという、憎らしい演出!!いいなぁ~やっぱりこの一門は!!
で、ここから草原兄さん達の寝てる部屋の障子をあけた時の一連の台詞の全くないシーンでも、目の表情一つで、ここまで表現できるなんて!!やっぱり虎さんは凄いなと実感です。

一夜明け・・・草原兄さんがうらやましい、そのポジション(笑)
1人先に目が覚めた兄さんが改めて萬事さんに昨日のことを謝ると萬さんからは「あれはうそや!」との言葉が!?
あなたも算段だったのかい!いや、一枚も二枚もうわてですね。
無事にガソリンを分けてもらい、大阪へもどることに。最後の「狐に化かされてしまえ!」の笑顔は反則でしょう。

と、草々の落語が終わり、四草の出番に。四草の手元にはこの時壊した扇骨で作った扇子が!!
四草が舞台に上がったところで終了~。

いやぁ~この外伝は四草がかなりフューチャーされていて、良いですな。
本編の時よりも、より四草らしいといったら失礼かもしれませんが、そんな感じがしました。
そして、虎さんは、台詞のない時の表情。特に目の表情がね!底抜けに素晴らしいと改めて思いました。

再放送中に遠藤Pが呟かれていたツイッター。やっと全部読めました。まさかこんなに細かく呟いておられるとは思わなかった!(ゴメンなさい)そのなかで、何度も遠藤さんが言っておられましたが、新しい朝ドラ「てっぱん」の第2週の土曜日(10月16日)はちりとてファン必見の回だそうです。どんな仕掛けが??楽しみですね。




2006年、草若邸の改修も終わり、常打ち小屋が完成!!
するも、小屋の名前をどうするかでまたまた意見のわかれる兄弟・・・。
久々の四草さんの中国語☆
ちなみに、草原兄さんは「ゲラゲラ亭」小草若は「底抜け演芸場」草々は「草若の家」。どっちもどっちって感じですが
A子も会社を継ぎ今や立派な社長さんです。
全員での「東の旅 発端」いいですねぇ~。和みます。

小屋の名前も「ひぐらし亭」に決まり、若狭は初日のトップバッターに決まると同時になんと若狭の妊娠が発覚し、喜ぶ一門。
つわりがひどく、中々稽古ができない若狭は、お母ちゃんからの助言もあり、初日の高座は降りることに。そして、オープニングの挨拶では照明係をつとめます。照明を当てながら若狭は何かに気付きます。

体調も安定した若狭は、晴れてひぐらし亭の高座に。
しかし、その高座の最後、若狭は「私の最後の高座~」とまさかの引退宣言
楽屋では皆が大騒ぎ!
若狭は、「お母ちゃんみたいになりたい」と本当の気持ちを打ち明けます。
この時のお母ちゃんのきり返しがグッとくるんですよね、なんというかちょっと照れてるようでもあり、でも嬉しい気持ちもあるようなちょっと感情を抑えた感じがすごく良いです。
でも、この展開にはビックリでしたが、こうやって再放送分をじっくり見返してみると、やっぱりこのドラマの核みたいなものは、親子、特に母と娘の関係がキーになっているので、こうなるのかなとも思いました。
これは勝手な想像ですけど、またお母ちゃん落語家として復帰したら、それはそれで面白そうなんて想像してみたり

その後、A子と4代目草若がいい感じになったり、草原兄さんは賞をもらい、四草兄さんには子供!?でも、この男の子がかわいらしい名前なんていうんでしょうね~。

若狭は出産の為に小浜へ。おじいちゃんとの思い出の部屋でテープを聞いていると陣痛が。草々は、分娩室の前で愛宕山をかけながら若狭を励まします。そして無事に赤ちゃんが生まれたところで本編終了。

いやぁ~あっという間の半年間でしたが、やっぱりおもしろい
来週は外伝「まいご3兄弟」も再放送されます。これも感想が書けたらと思っています。
うぁ~半年分の心のオアシスが切れてしまうぅ~



箸のイベント会場で見事復帰した小草若。イベントも無事に成功してよかったとおもいきや、小次郎おじちゃんだけは、呼んでいた五木ひろしが出なかったためにご機嫌斜め

ところが、喜代美の家になんと!五木ひろしが!?
本当にやっと会えてよかったねぇ~お母ちゃん。

若狭と一緒に小草若は大阪へ。この時のシーンもジ~ンと来る場面なんですが、この時の四草さんの体勢がまたしても辛そうに見えるのは私だけ(苦笑)
ちょっと中腰気味の所へ上に兄さん達が(^_^;)

小次郎おじちゃんと奈津子さんの結婚も決まってよかったですねぇ~。

師匠の悲願であった常打ち小屋の建設したいと鞍馬会長に直訴するも、「常打ち小屋を建てたかったら、草若の家と土地を売ったらどうだ」といわれて、戸惑う一門。
一方、小浜では、A子がお父ちゃんに弟子入りを志願し、塗箸の修行が始まります。
そして、お父ちゃんの塗り箸が内閣総理大臣賞を受賞し、小浜の家でお祝いの宴が!

若狭は、小浜でA子と話しながら自分が落語と出会った頃を思い出し、常打ち小屋を作りたいという思いを打ち明け、再び鞍馬会長の元へ。鞍馬会長からは「できるものなら、やってみろと」言われ、皆のお金を持ち寄りますが、到底、常打ち小屋を建てられるほどのお金は集りません。
そこへ、小浜の人たちから預ったお金を持って小次郎さんと奈津子さんが、そして菊江さんや熊さんも!
皆の想いが集るなか、小草若は家と土地を売る決意をします。
この時の小草若と四草の会話が大人になったなぁ~というか、時間が経ってこその2人の会話かなぁ~なんて思って、しんみりするいいシーンですね。
そこで、若狭の提案でお別れの落語会をすることに。

落語会には、落語界の面々も参加し、盛り上がっていきます。
と、そこへ鞍馬会長が現れて、誰でも気軽に入れる常打ち小屋ができたやないかと、草若の遺影の前で語りかけます。鞍馬会長、渋すぎる。カッコイイじゃないですか!

そして、いよいよ来週は最終週です。早いですね。あっという間です。

公式HPでは、スタッフ座談会の後編が公開されてました!
遠藤さんがしほりちゃんの足下の箱をおさえている写真があったり、とってもシャイな国友さん。そういえば、総集編DVDのまいご3兄弟の時のメイキングもお顔はあまりはっきりとは映ってなかったですもんね。
などなど、裏話が満載で!何年経ってもこうやって皆さんがワイワイと集れるって良いですよね。
もっと色んな裏話が聞きたいです。
そして、最後の一文。
再来年の大河※26に期待しましょう!→→→→→※26 2012年の大河ドラマ「平清盛」の脚本は、藤本有紀さんです。

期待しちゃいましょう



2010.09.09 ウルトラD!?
ウルトラCの次はウルトラDです(笑)
・・・では、ちりとてちんの4週分まとめてざっくりと~。

第21週「嘘つきは辛抱の始まり」
師匠の亡き後、草々のもとに弟子になりたいという青年が!
あのお葬式もおもしろかったですね(笑)誰もいない稽古場での四草の算段の平兵衛いいですねぇ~。グッときます。これくらいから四草兄さん、どんどんかっこよくなっていきますよね!!
草々の弟子として入門した木曽山くん。なかなか、パンチのあるキャラで(笑)
「鉄砲勇助」の再現シーン!!結構、この週も虎さん祭りでしたね。

第22週「聞かぬは一生の箸」
ブラックA子のブラックな部分が次々とって感じですが、どっちかといえばこっちの方が人間っぽいといったら失礼ですけど、好きですね。
若狭は落語会のために小浜へ。一方大阪ではスーツ事件が(笑)
久々の見事な算段かとおもいきや、ちゃんとした四草なりの表現だったんですね。クリーニング屋さんへ行こうとした木曽山くんの前にすっと現れる四草さんは静かな中にも迫力があるのに、笑えましたね。おぉっ!四草兄さんキターーッみたいな(笑)
秀臣さんの話も泣けました(涙)

第23週「終わりよければ滑ってよし」
木曽山くんの初高座が磯七さんの散髪の会で行われることが決定するものの、そこはすんなりとはいきません。
登場週はそんなに多くはないのですが、やっぱり木曽山くんのキャラクターはキラリとひかりますし、正平君との2ショットはなんだかちょっとホッとするなぁ~と私は感じました。
「はてなの茶碗」を披露するはずだった小草若は、体調が悪く出れなくなったはずが、実は仮病・・・。
何回見ても派手な布団ですね(笑)
仕切り直しにと、寝床寄席でのトリをつとめるはずの小草若が、まさかの失踪!?

第24週「蛇の道はヘビー」
師匠の3回忌法要が開かれるもそこに小草若の姿はなく、寝床寄席の失踪事件から行方知れずの小草若。
まさか、3年近くも居場所がわからない設定っていうのには、ビックリでした!
鞍馬会長から残った弟子の中で「草若」の名を誰かが襲名すれば常打小屋の建設もあるといわれて、悩む一門。
草原や若狭は草々が継ぐのが一番だといいますが、四草だけは納得せず・・・。
小草若の元へ行こうとする草々を止めたシーン。おっ!四草さんらしからぬ大きな声!その後の縁側のシーンはいいですねぇ。小草若と一緒に暮らしてたからこそわかるものもあったのかなぁ~なんて思いながら、心の中では草々よりもあついものを持っている人なんだなと、実感。
小浜に姿を現した小草若、一旦は落語をやめると若狭に宣言するも、塗箸のイベント会場でついに「はてなの茶碗」を!!

気が付けば、再放送もあと2週を残すのみ。この2週分+まいご3兄弟はきちんと書きたいなぁ(願望)
掲示板も復活しましたし、公式HPでは広報スタッフ座談会の前編も公開になりました!なんだかスタッフさんの会話もテンポがいいっていうかちりとてちんの中身そのものみたいな、結束力がありますね。
虎さんのスタパサーバーダウン事件は最初気付かなかったんですか(笑)後編の公開も楽しみですね。

さてさて、今日から虎ノ介さんの舞台がスタート!無事に終わるといいですねぇ~。11日が楽しみ、楽しみ



えぇ~コレって、サボってる??…\(^^:;)…いやぁ~スミマセン。色々とありまして、これからしばらくの間は、こんな風に不定期な更新になるやもしれませんが、ご容赦を。ま、そういいながら、連続でしつこく更新したりするかもしれないので、良い意味で適当にってところでしょうか(^_^;)笑ってごまかした所で…ちりとてちんの感想を。


師匠の余命が短い・・・・。

師匠は一門会で若狭以外の4人の弟子で地獄八景を若狭には前座で創作落語をかけるように、言って再び病院へ。
この週はどうしても、後半の一門会のインパクトが強いので、前半、創作落語の製作で悩む若狭ちゃんの回想シーンが結構多かったんだなと思いました。
けど、病室での稽古シーンの若狭ちゃんは可愛らしい(^_^)この時からの四草さんの髪型が好きです。前髪がアップで、サッパリとした感じが('-'*)

弟子の会前日、師匠は一時退院の許可をもらって自宅へ戻って、弟子達と一緒に夕食を。

この後もそうですけど、くすりと笑える部分と、師匠が感謝の気持ちを伝えるところは泣けます。
これはドラマ全体がそうですが、笑いと泣きの分量が絶妙なんですよね。
小草若が師匠と一緒に布団で寝るシーンは、台詞はないんですけど、師匠と弟子から父親と息子に戻れたんだろうなぁと思うとまた涙。

弟子の会当日、草若も会場へ向かおうとしますが、自宅で倒れて病院へ運ばれて、危険な状態であると、小草若たちにも伝えられ、一度は小草若も病院へ行こうとしますが、舞台へ向かいます。
この時の、草原兄さんかっこいいですし、芸の厳しさがでていて、リアルな感じがしました。

それにしても、やっぱりこの時の若狭ちゃんの前座の創作落語を含めてこの弟子四人での地獄八景はフルサイズで見てみたかったですね。DVDの特典映像にでもして欲しかった。
四草兄さんのかんざしの場面は何回見てもドキッとしますね(>_<)

弟子の会の成功を見守るように、草若は旅立っていきました。
この後の、天国?でおじいちゃんと会って落語をやる小屋の前に行くシーンは、死後の世界があるかどうかわかりませんが、こんな風になってたらいいよなぁ~って師匠がいなくなる!という悲しいシーンのはずが悲しいだけじゃない!って思えてすごく落語っぽいというか、このドラマの雰囲気をよく表しているなと思いましたが、やっぱり何度見ても泣ける週でした。

さて、来週にはついに草々に弟子が!?


2010.08.05 ウルトラC
お久しぶりです・・・。いやぁ~本当に、毎日、毎日・・・あっついですね
無事に、新しい箪笥がわが家に入りましたが、やっぱり、こんなに猛暑の最中に新しい家具は買うもんじゃないと思いましたねぇ~(^_^;)
ちょっと箪笥動かしただけで、部屋がスッキリして綺麗になったのは良かったのですが、終わった途端、暑さにやれて疲れが中々とれず、バテバテの毎日ですもう、いい加減、暑いのはこりごりです。

さて、ちりとてちんの再放送は、そんなバテバテな私をの横を順調に通り過ぎまして、気付けば3週分も感想を書いていません。。。。なので、こここは一つウルトラCを発動しまして、3週分をまとめてコンパクトに一気に書きます!

第17週「子はタフガイ」
この週は、お母ちゃんとお父ちゃんの青春プレイバックでしたが、一番のビックリは小次郎おじちゃんの学ラン(笑)まぁ人に歴史アリですね。ひろしのさりげない心遣いも良かったですね。
無事に若狭と草々も晴れて夫婦になれましたけど、その影で正平君の挫折があって、色々んな物語が進んで行きます。それに、最後にはブラックA子も登場しましたね。

第18週「思えば遠くへすったもんだ」
それぞれの弟子の過去がわかる週でした。草原兄さんのオーバーオールも中々、素敵でしたが、やっぱり四草兄さんこと、忍くんですよ~!
何度見ても師匠の「何が欲しい」のあとのちょっと小声での「コイツ」のちょっと照れたような感じの後の髪の毛クシャクシャ!!その後の苦笑いっていうんですかね、あの笑顔は罪でしょう~。
いいですねぇ~。

第19週「地獄の沙汰もネタ次第」
まさか、師匠が、師匠が!?こんな展開になるなんて~どうなるの!?と放送当時、ビックリしました。
この週は次週とセットみたいな所があるので、第20週分に付け足すかもしれませんし、20週は、区切りというか節目の週なので、ビシッと書きたいなと思っていますので、こんなウルトラCを使ってみました(^_^;)

さて、ちりとてちんの番外編「まいご3兄弟」が9月26日(日)にハイビジョン放送で深夜1:10~1:55に放送が決定しました!番外編も放送されたらいいのになぁ~って思っていたので嬉しいですね。

そして、そして、嬉しいといえば、ちりとてちんの脚本を書かれた藤本有紀さんが、なんと!

2012年大河ドラマ「平清盛」
の脚本を執筆されることが決定しました
しかも、オリジナル作品ということで、益々楽しみですね~。

ポスターというかイメージ画像がNHKさんのHPにありましたが、なかなか力強いイメージで、ワクワクしますね。
虎さんが出たらいいなぁ~なんて、今から期待しちゃいますね。


ドラマトピックスブログ
http://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/2000/55763.html



ということで、まずは、16週分からです。

大喧嘩をした早々と若狭。翌日、草々は家を出て行ってしまいます。その行先はなんと若狭の実家!!お母ちゃんも家出中と似たもの親子ですね(笑)
落ち込む若狭・・・・それを慰める兄さん達。四草さんの最後の映画尾というか、こらえながらの笑みが悪い顔やねぇ~。でも良い顔だ(^_^;)

お母ちゃんのいない実家では、正平くんが料理をやっぱりエプロンが似合いすぎ!そして男3人仲がよろしいですね。
若狭は、草々の元へ謝りに行きますが・・・若狭のことをわかりたい、自分が思っているような女じゃなかったら別れる!?と。
2人は、若狭のふるさとを見て歩こうと計画。そこへ順ちゃんが現れて・・・衝撃の告白が!!!

順ちゃんは友春さんの子供を妊娠していたと!!!!
この週の順ちゃんの表情がすごくいいんですよね。切ないけど素敵です。
悩んだ若狭はつい、草々に順ちゃんのことをしゃべってしまい、友春さんに順ちゃんが子供ができた事をしゃべってしまいます。

そのことが原因で草々と若狭はまた喧嘩に。友春さんは順ちゃんに結婚を申し込みますが、順ちゃんは1人で育てるといい、双方の家では大騒動になり、若狭と草々の仲も気まずいまま・・・・と、お母ちゃんの号令でみんなが若狭の家に集って話し合う事に。

この話し合いのシーンは、それぞれの思いがわかるだけに辛いですね。
でも、最後幸助さんの“喧嘩はすね”と秀臣さんが一言だけ福井弁っていうか(関西弁?)にがでて、本音が見えたなぁ~って思ったりと涙なしには見れません
友春さんが魚屋食堂を継ぐということで解決し、若狭と草々も仲直りをしてまるく収まったかとおもいきや、お父ちゃんとお母ちゃんは相変わらずで・・・と、そこへまさかの五木ひろしがあらわれて!?

この次の週は、お父ちゃんとお母ちゃんの青春時代プレイバックですね。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。