上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
再放送もあっという間に終了してしまいましたね。
ということで、ちりとてちん外伝「まいご3兄弟」です。

この時の落語会って四草会だったんですね!
その四草会で、草々は珍しく創作落語を披露します。その創作落語とは、徒然亭3兄弟の一夜のお話でして・・・
本編の放送週だと17週の「子はタフガイ」の時の小浜からの帰り道、四草は道に迷ってしまい、しかもガス欠。
近くの民家を訪ねることに。

3人が迷った場所は、滋賀県の安曇川。訪ねた家は、扇子の骨の部分「扇骨」を作る職人さんの家。
ここに泊めてもらわなかったら、西洋の旅人(笑)それはそれで、見てみたいような(^_^;)
結局、3人は朝まで世話になることに。
奥さんの計らいで鮒寿司と地酒をいただく3人。酔いもまわって、ふるさとは唄うは(吉弥さん歌が上手)、相撲はとるわの大騒ぎ。(デコピンの返しが膝カックンって(苦笑)本当に子供の喧嘩ですね)ちえ子さんのノリツッコミもおもしろいですね。
隣りでは、朝まで作業中の萬事さんが・・・。
本当に、ここの流れはおもしろかったですね!

四草は、きつねうどんをかけて、みんなが黙るような話をすることに。
四草は、自分の身の上話を・・・。ここの感情を折り込みながらのニセ?身の上話の演技は流石というか本当にだまされそうですね。
ついに、萬さんキレたか!?と勢いよく戸が開くと、突然四草に向かってすまないと、自分の過去を語りだします。が!四草の話した身の上話は、嘘(算段)だったことが

気まずい雰囲気のなか、外へ行こうとする四草を座りなさいと引き止めたちえ子さん。
作業場で作業を見る四草。一服の際に四草は、すまなかったと謝り、萬事は、ちえ子さんへの思いを四草は自分の心のうちを素直に語りだします。この時の2人の感じがねいいんですよ!!
師匠にも言えない、本当の気持ちだったんだと思うと泣けますよ
そして、時間は夜中の12時をまわると・・・

戸の向こうから、バースデーソングが
なんという、憎らしい演出!!いいなぁ~やっぱりこの一門は!!
で、ここから草原兄さん達の寝てる部屋の障子をあけた時の一連の台詞の全くないシーンでも、目の表情一つで、ここまで表現できるなんて!!やっぱり虎さんは凄いなと実感です。

一夜明け・・・草原兄さんがうらやましい、そのポジション(笑)
1人先に目が覚めた兄さんが改めて萬事さんに昨日のことを謝ると萬さんからは「あれはうそや!」との言葉が!?
あなたも算段だったのかい!いや、一枚も二枚もうわてですね。
無事にガソリンを分けてもらい、大阪へもどることに。最後の「狐に化かされてしまえ!」の笑顔は反則でしょう。

と、草々の落語が終わり、四草の出番に。四草の手元にはこの時壊した扇骨で作った扇子が!!
四草が舞台に上がったところで終了~。

いやぁ~この外伝は四草がかなりフューチャーされていて、良いですな。
本編の時よりも、より四草らしいといったら失礼かもしれませんが、そんな感じがしました。
そして、虎さんは、台詞のない時の表情。特に目の表情がね!底抜けに素晴らしいと改めて思いました。

再放送中に遠藤Pが呟かれていたツイッター。やっと全部読めました。まさかこんなに細かく呟いておられるとは思わなかった!(ゴメンなさい)そのなかで、何度も遠藤さんが言っておられましたが、新しい朝ドラ「てっぱん」の第2週の土曜日(10月16日)はちりとてファン必見の回だそうです。どんな仕掛けが??楽しみですね。




スポンサーサイト
暑い夏が嘘みたいな天気というか陽気ですね(^_^;)体が慣れません。

さて、いよいよ来月から相棒の季節がはじまる!!
第1話の放送日も決定

相棒シーズン9
第1話10月20日(水)スタート!!


いよいよって感じですね~。ゲストは徳重聡さんです。伊東さんのブログだとよる9時からってなってましたが、おや、2時間SPじゃないのかな??

そして、10月20日は虎ノ介さんの誕生日じゃないですか嬉しいことは重なるものですね~。
しかも、シーズン8のDVD-BOXの発売日だし!!
BOX2にはメイキングが特典映像で入るんですよね、映ってるかな、虎さん・・・。
ただ、予想だとメイキングとはいっても入って30分くらいなのかなぁ~なんて想像してますが、届いてからのお楽しみということで。

年末には、劇場版も公開されますし、なんだか出版物も多数あるようです。

映画のオフィシャルブックが12月24日の予定。

映画のノベライズ本(文庫本)が11月5日に出るようです。アマゾンでは予約が開始になってましたが、見てから読むか、読んでから見るか・・・。前作はノベライズと本編の映画とでは犯人役が違っていたので、読んでも問題ないかもしれないですが。

それから、「杉下右京の事件簿 」という本も来月出版予定のようです。
初のオリジナル小説で内容は、

警視庁特命係の杉下右京が単独で事件に挑む。舞台は、スコットランドと奄美大島。偶然訪れたスコッチ蒸留所で遭遇する密室殺人。目撃された「巨人」とは? 奄美沖で座礁した船で捕らえられた麻薬密輸犯が逃亡。しだいに浮かび上がる本当の狙い、そしてスーパーアクション。「静」と「動」の2編とも、右京の推理力が冴える。ドラマでも映画でも見たことのない右京に会える。

だそうです。これも映像化するんでしょうかね?

とにかく、色々と楽しめそうです


相棒-劇場版?- (小学館文庫)相棒-劇場版?- (小学館文庫)
(2010/11/05)
大石 直紀

商品詳細を見る
相棒 Season8 DVD-BOX2相棒 Season8 DVD-BOX2
(2010/10/20)
水谷豊及川光博

商品詳細を見る




昨日は、ミスターが「PON!」の生放送にゲストとして出演されてましたね。

ケーブルテレビなので、雨がひどいと画像があまり良くならないこともあるので、ちょっと心配でしたが、無事に視聴できました。
生放送でミスターも見るのは、おそらく私自身初めてじゃないかな??(たぶん・・・)

なんだか、最初からちょっと緊張しているのかややハイテンションな感じのミスターが、凄く年上の方には失礼ですが、可愛らしい
が!この妙なテンションは番組後半に登場したアヤツのせいだったんですねぇ(苦笑)
ほとんど、水曜どうでしょうの話がメインでしたね。司会のアナウンサーの方はファンなんだろうなって感じがみえて嬉しかった。でも、もう少し違う話も聞いてみたかったな。もっと舞台の話とか。

で、問題のおやつのシーン。これってゲストの人がオススメのおやつをもってくるんですが、ミスターが用意したのは、
ずんだもち
登場した瞬間から笑っちゃいましたね流石だ、ミスター!!
でも、案の定困り顔のミスター、でも一口食べますが、その一口が大きい(笑)
飲み込めないんですよ~って本当に苦しそうでしたが、生放送ですからすぐに舞台の告知へ。
この後の舞台のお稽古は大丈夫だったんでしょうか。10分くらいでしたが、朝から楽しませていただきました。

あ~、早く対決列島、DVD化ならないかなぁ~。楽しみ。

それから、月刊ローソンチケットの10月号に載っていたCUEのグッズ紹介ページ。
ハナタレのDVDの内容なんかものってましたが、早速CUEカレンダーの予約も始まったんですよね~。
で、そのカレンダーの写真!?会報誌にも載ってましたが、皆さんスーツ+ネクタイにメガネーー!!
しかも、モノクロ写真が一層、素敵な写真なのですが、その写真の右隅にこんな一文が。

「※メガネ屋さんの広告ではありません。」

確かに、メガネ屋さんの広告っぽいとえば、そうですが、せっかくのカッコイイ写真なんだから~。
でも、この遊び心が素敵です小さいことですけど、らしさを忘れないし、社長がね、あれだけ見せるんですから、素敵な会社ですよね、CUEさんは(笑)

ジャンボリーのDVDも楽しみだ!!



虎ノ介さんの舞台も無事に終わりましたが、いまだにテンションが高めな私です。

で、そんなテンション高めなせいか、本当は9月いっぱいは色々と用事があるのでそれが片付いて10月になったら、借りよう、買おうと思っていた、「ニュース速報は流れた」を一気にレンタルして尚且つ、「PLANETS」もポチッと買っちゃいました。私って単純ですねぇ~

雑誌の方は、まだ届いていないので、楽しみに待つとして、ニュース速報は流れたを早速視聴!

・・・おもしろいじゃないですか
虎ノ介さんが出ている、出ていないという前に、作品自体が非常におもしろい!!
好きなテイストですねー。
狭い空間のなかで、少人数でのやりとりをしながら、真相をあばいていく、心理戦みたいな。こんな感じのミステリー小説も大好きなので、私には、ドンピシャでしたね。最終回のテイストも好きですね。事件の犯人や刑事や探偵みたいな真相をあばく側の人間ではなくて、まわりの人たちが証言をしていくことで、犯人がわかるというような小説も好きなんで、全然OKでした。(例えば、宮部みゆきさんの「理由」もこんな感じで好きでしたが)
まぁ、最終回は賛否両論あるようですが、確かに一体誰よ?とは思いました(苦笑)

そして、そして、虎ノ介さん演じる栗尾ーー
写真などで静止状態では見ていて、それでも、おぉ~なんと素敵な虎さんじゃのぉ~。
と、思っていましたが、動いてる栗尾さんは、もっと、もっと素敵でした。
今迄色んな役柄を演じてられましたけど、1,2を争うくらい良かった!と思えました。

テレビだと、どうしても台詞が多くなりがちですが、今回の役柄は黙ってることも多いのに、表情だったり、手の動きでもきっちりと表現されていて、それが、虎ノ介さんによくあうなと思いました。
こういう感じのブラックな人だったらいつでも、いいのに(苦笑)

それにしても、色が白いですねぇ~。指も綺麗
第7話と8話は出演シーンも多いですし、成宮さんとの2人だけのシーンでの主導権がコロコロと入れ替わるあたりは、しびれますね。小林さん、成宮さんとの3人のシーンも良かったなぁ。
髪型も良かったわぁ~。最近は短髪ですけど、これくらい長いほうがこう、色気というか妖しさがあっていいかも
スーツ姿でも、きっちりとしたネクタイ姿よりもノーネクタイの方が似合うかなと思いました。

共演者の皆さんも豪華でしたね。京本さんが声だけの出演というのも、しかし、京本さん演じる白井の正体がよくわかりません(^_^;)
なんでも、DVDを買うと、犯人も真相もわかるらしいのですが・・・。

ん~どうしよう、欲しくなっちゃたな。コツコツ日々の節約からですかねぇ



2006年、草若邸の改修も終わり、常打ち小屋が完成!!
するも、小屋の名前をどうするかでまたまた意見のわかれる兄弟・・・。
久々の四草さんの中国語☆
ちなみに、草原兄さんは「ゲラゲラ亭」小草若は「底抜け演芸場」草々は「草若の家」。どっちもどっちって感じですが
A子も会社を継ぎ今や立派な社長さんです。
全員での「東の旅 発端」いいですねぇ~。和みます。

小屋の名前も「ひぐらし亭」に決まり、若狭は初日のトップバッターに決まると同時になんと若狭の妊娠が発覚し、喜ぶ一門。
つわりがひどく、中々稽古ができない若狭は、お母ちゃんからの助言もあり、初日の高座は降りることに。そして、オープニングの挨拶では照明係をつとめます。照明を当てながら若狭は何かに気付きます。

体調も安定した若狭は、晴れてひぐらし亭の高座に。
しかし、その高座の最後、若狭は「私の最後の高座~」とまさかの引退宣言
楽屋では皆が大騒ぎ!
若狭は、「お母ちゃんみたいになりたい」と本当の気持ちを打ち明けます。
この時のお母ちゃんのきり返しがグッとくるんですよね、なんというかちょっと照れてるようでもあり、でも嬉しい気持ちもあるようなちょっと感情を抑えた感じがすごく良いです。
でも、この展開にはビックリでしたが、こうやって再放送分をじっくり見返してみると、やっぱりこのドラマの核みたいなものは、親子、特に母と娘の関係がキーになっているので、こうなるのかなとも思いました。
これは勝手な想像ですけど、またお母ちゃん落語家として復帰したら、それはそれで面白そうなんて想像してみたり

その後、A子と4代目草若がいい感じになったり、草原兄さんは賞をもらい、四草兄さんには子供!?でも、この男の子がかわいらしい名前なんていうんでしょうね~。

若狭は出産の為に小浜へ。おじいちゃんとの思い出の部屋でテープを聞いていると陣痛が。草々は、分娩室の前で愛宕山をかけながら若狭を励まします。そして無事に赤ちゃんが生まれたところで本編終了。

いやぁ~あっという間の半年間でしたが、やっぱりおもしろい
来週は外伝「まいご3兄弟」も再放送されます。これも感想が書けたらと思っています。
うぁ~半年分の心のオアシスが切れてしまうぅ~



箸のイベント会場で見事復帰した小草若。イベントも無事に成功してよかったとおもいきや、小次郎おじちゃんだけは、呼んでいた五木ひろしが出なかったためにご機嫌斜め

ところが、喜代美の家になんと!五木ひろしが!?
本当にやっと会えてよかったねぇ~お母ちゃん。

若狭と一緒に小草若は大阪へ。この時のシーンもジ~ンと来る場面なんですが、この時の四草さんの体勢がまたしても辛そうに見えるのは私だけ(苦笑)
ちょっと中腰気味の所へ上に兄さん達が(^_^;)

小次郎おじちゃんと奈津子さんの結婚も決まってよかったですねぇ~。

師匠の悲願であった常打ち小屋の建設したいと鞍馬会長に直訴するも、「常打ち小屋を建てたかったら、草若の家と土地を売ったらどうだ」といわれて、戸惑う一門。
一方、小浜では、A子がお父ちゃんに弟子入りを志願し、塗箸の修行が始まります。
そして、お父ちゃんの塗り箸が内閣総理大臣賞を受賞し、小浜の家でお祝いの宴が!

若狭は、小浜でA子と話しながら自分が落語と出会った頃を思い出し、常打ち小屋を作りたいという思いを打ち明け、再び鞍馬会長の元へ。鞍馬会長からは「できるものなら、やってみろと」言われ、皆のお金を持ち寄りますが、到底、常打ち小屋を建てられるほどのお金は集りません。
そこへ、小浜の人たちから預ったお金を持って小次郎さんと奈津子さんが、そして菊江さんや熊さんも!
皆の想いが集るなか、小草若は家と土地を売る決意をします。
この時の小草若と四草の会話が大人になったなぁ~というか、時間が経ってこその2人の会話かなぁ~なんて思って、しんみりするいいシーンですね。
そこで、若狭の提案でお別れの落語会をすることに。

落語会には、落語界の面々も参加し、盛り上がっていきます。
と、そこへ鞍馬会長が現れて、誰でも気軽に入れる常打ち小屋ができたやないかと、草若の遺影の前で語りかけます。鞍馬会長、渋すぎる。カッコイイじゃないですか!

そして、いよいよ来週は最終週です。早いですね。あっという間です。

公式HPでは、スタッフ座談会の後編が公開されてました!
遠藤さんがしほりちゃんの足下の箱をおさえている写真があったり、とってもシャイな国友さん。そういえば、総集編DVDのまいご3兄弟の時のメイキングもお顔はあまりはっきりとは映ってなかったですもんね。
などなど、裏話が満載で!何年経ってもこうやって皆さんがワイワイと集れるって良いですよね。
もっと色んな裏話が聞きたいです。
そして、最後の一文。
再来年の大河※26に期待しましょう!→→→→→※26 2012年の大河ドラマ「平清盛」の脚本は、藤本有紀さんです。

期待しちゃいましょう



昨日無事に(?)舞台「F.+2」の千秋楽も終了した虎ノ介さん。
2年半ぶりの虎さんは素敵でしたぁ来年も是非、舞台出演があることを祈りながら、お疲れさまでした。

さて、そんな虎さんの新たなドラマ出演情報が!?

TBS開局60周年5夜連続特別企画「99年の愛~JAPANESE AMERICANS」11月3日(祝)21:00スタート

おぉ~、豪華なドラマじゃないですか!!しかも大泉洋さんもこのドラマに出演されるじゃないですか!?
いやぁ、龍馬伝に続いてまさかの共演とは。ただ、共演シーンがあるかどうかは?ですが、期待しちゃいますよね
ただ、出演者の方が豪華なので、どれくらい映ってるかな(苦笑)

虎ノ介さんは、第1話と2話に出演されるそうです。
・・・おっと、第1話は11月3日水曜日の21:00・・・・相棒とバッティング!
ん~どうするかな、一応(結構年季の入った)ビデオデッキも一台ありますが、どっちをDVDでとるかだな・・・・。 やっぱり、こっちかな。でも、相棒もゲスト&ストーリー次第ですな。

公式HP
http://www.tbs.co.jp/japanese-americans/

「ラブコメ」も今月25日から公開ですね。長野での上映があるのかどうかもわかりませんが、気長に待ちます。
秋ドラマもぼちぼち始まりますが、あと何本のドラマにでるんでしょうね。
そろそろ、レギュラー出演でのドラマが見たいです。


虎ノ介さんが8月25日(水)21:00に出演されたラジオFM世田谷「世田谷的演劇案内シアターF」
がおけぴネットというHP内のFM@OKEPIというコーナーでアップされておりまして、やっと全部聞く事ができました!

放送内容はちょこちょことブログなんかでも見てはいましたが、やっぱり見ると聞くとでは大違い!
虎さんらしさ満載でしたね

司会の小川輝晃さんは役者さんでもあり、虎さんと同じバイク好きということもあって、いつものごとく緊張されているようにもみえましたが、リラックスされているような感じもあり、すごく雰囲気が良かったですね。タイトルにもあるような間の達人のくだりはとっても虎ノ介さんのことをわかってらっしゃる!
この方に虎さん専属のインタビュアーになってほしいくらい(苦笑)
しかし、初舞台から虎さんは虎さんだったんですね!いやぁ~素敵なラジオでした

おけぴネット内、FM@OKEPI
http://okepi.cc/fm/20100825.asp

それから、アルファさんのHPがリニューアルされてる!と聞いていたので、
やっと見に行けました(^_^;)最初、昔のページしか出てこなくて何故だ?と迷いましたが、アドレスが変わっていたんですね。焦った、焦った。

とっても見やすくなってますねぇ~。
F.+2の特集ページには虎さんのメッセージや1枚だけですが舞台写真まで!
虎さんのアーティストファイルにも舞台写真があって大充実じゃないですか。凄い、凄い。

次はどんな虎ノ介さんに会えるのか、楽しみですね~。

http://www.alpha-agency.com/


2010.09.15 丸2年。
CUEさんのファンクラブに入って早、丸二年。

9月号の会報誌と一緒に、更新特典のDVDが!?
東京に行ったりしていたので、昨日DVDと会報誌を熟読&視聴。

まずは、会報誌。ジャンボリーの写真がいっぱい
楽しそうですねぇ~。ゼッタイDVD買おう
それにしても、会報誌めくってすぐに飛び込んできたのが利喜男さんのアップに目を奪われました(笑)
かなり、インパクトがありますね。
ナックスさんのオレンジのつなぎ姿もいいですなぁ。

それから、2011年のナックスソロプロジェクトに2012年には本公演決定の文字が!!
嬉しいな~。ずーっと先まで楽しみが続きますね。

洋さん主演の映画「しあわせのパン」のお知らせも!フォトダイアリーの写真もナチュラルな洋さんが素敵

顕さんの舞台の先行やらファンミのお知らせもありました。いつになったらファンミに行けるんだろうかね(遠い目)
やっぱり、北海道は遠いのぉしかし!何時の日か必ず叶えてみせる!

そして、特典DVD!!
ファンミの様子ばかりかミステリーツアーの様子も満載で!
バカ一番やダメ人間パーティ(笑)
ネタバレしないほうがいいと思うので多くは語れませんが、いやぁ~笑えました。
オフィスキューの皆さん最高です(>_<)


2010.09.13 「F.+2」
一昨日の11日(土)に加藤虎ノ介さん出演の舞台「F.+2」を鑑賞してきました!!
ナマ虎さんは、長野でのトークショー以来ですから、かれこれおよそ2年半・・・。虎さん出演の舞台は初めての鑑賞でした・・・やっぱり生の虎ノ介さんは良いですなぁ~

で、感想はと言いますと・・・

ん~重いといいますか、ガツンと来るといいますか、事前の紹介文にもあるように“行き場のない駄目な男二人の閉塞感・狂気を描いた問題作”でしたねぇ。
こう、見終わった後の疲労感があって、おもわずため息が出るような(苦笑)

先ほど動画配信を見ましてその中で虎ノ介さんも言ってましたが、楽しいお話ではないです!
個人的に好きか嫌いかと言われると、嫌いではないかなと。
まぁ、とことん人間の堕ちていく様を描いてる作品は沢山ありますけど、結構これは強烈でしたね・・・。
虎ノ介さん演じる粕谷のキャラクターも強烈でしたからね。

ただ、やっぱり虎ノ介さんは舞台がよく似合うなと初めて舞台に立っている虎ノ介さんを見ながら思いました。
発声の仕方もやっぱり違うんでしょうかね、最初第一声を聞いたときは、おやっ!テレビとかで聞いてる感じの声と違うなと感じました。
劇場自体もそんなに大きくなかったので、本当に目の前に虎さんが動いてる!?と大感激でした。
青いつなぎもお似合いでしたね。
重いテーマでありながらも、ロンロンさん演じる中山とのやりとりでは笑える場面もありました。
真夏の暑い日に月餅を水なしで食べたり、コーラの一気飲み(笑)
あと、タッパーのくだりもおもしろかったですね。唯一の女性出演者である中条さんとの照れてるシーンもほっとする場面でした。
ただ、クスッと笑えるシーンのあとに、すぐ怒鳴ったりするから、本気で笑えないというか、笑っちゃいけないのかな?なんて思ったり・・・
ロンロンさんのタップを間近で見ていても微動だにしない場面は流石でした。
そして、最後の長い長い独白シーンは圧巻でしたね。粕谷のたまっていた感情がどんどんあふれ出てきて、凄かったです。
お相手役のロンロンさんと差し向かいで話すシーンでは、ロンロンさんが演技初挑戦ということもあって、ちょっとぎこちなかったので、より虎さんの上手さが際立っていました!

それから、あとタップシーンは本当に凄かったですね。初めてタップというものを生で見て、こんなに迫力があるんだ!凄~いと。

全体としては、暗くて重くて、人間の真っ黒な部分が全開で後味が悪い?劇でしたね。全然スッキリしない
最後もちょっとあやふやなもやっとした感じでしたし、始まり方も始まってるのかどうかわかりずらかったし(苦笑)
ただ、俳優加藤虎ノ介の凄さというか魅力は十二分に実感できました!

ん~私的に考えたところ、粕谷さんの恋人である“アヤコ”さんを実際に登場させて粕谷さんとのシーンがあればもうちょっともやっと感も薄れたのかな?なんて思ってみたり、でも、そうすると最後の独白シーンが薄っぺらくなりそうですし、難しいですね(^_^;)

ま、何はともあれ生で虎さんが見れたからもう大満足でした
それに、虎ノ介ファンの皆様は本当に良い方達ばかりで、もう頼りっぱなしで申し訳なかったくらいです。本当に。気の利かない私でスミマセンでした。
でも、とっても楽しい一日でした!次はいつ、虎さんに会えるのか楽しみですね!!

16日の千秋楽まで無事に終わりますように。



2010.09.09 ウルトラD!?
ウルトラCの次はウルトラDです(笑)
・・・では、ちりとてちんの4週分まとめてざっくりと~。

第21週「嘘つきは辛抱の始まり」
師匠の亡き後、草々のもとに弟子になりたいという青年が!
あのお葬式もおもしろかったですね(笑)誰もいない稽古場での四草の算段の平兵衛いいですねぇ~。グッときます。これくらいから四草兄さん、どんどんかっこよくなっていきますよね!!
草々の弟子として入門した木曽山くん。なかなか、パンチのあるキャラで(笑)
「鉄砲勇助」の再現シーン!!結構、この週も虎さん祭りでしたね。

第22週「聞かぬは一生の箸」
ブラックA子のブラックな部分が次々とって感じですが、どっちかといえばこっちの方が人間っぽいといったら失礼ですけど、好きですね。
若狭は落語会のために小浜へ。一方大阪ではスーツ事件が(笑)
久々の見事な算段かとおもいきや、ちゃんとした四草なりの表現だったんですね。クリーニング屋さんへ行こうとした木曽山くんの前にすっと現れる四草さんは静かな中にも迫力があるのに、笑えましたね。おぉっ!四草兄さんキターーッみたいな(笑)
秀臣さんの話も泣けました(涙)

第23週「終わりよければ滑ってよし」
木曽山くんの初高座が磯七さんの散髪の会で行われることが決定するものの、そこはすんなりとはいきません。
登場週はそんなに多くはないのですが、やっぱり木曽山くんのキャラクターはキラリとひかりますし、正平君との2ショットはなんだかちょっとホッとするなぁ~と私は感じました。
「はてなの茶碗」を披露するはずだった小草若は、体調が悪く出れなくなったはずが、実は仮病・・・。
何回見ても派手な布団ですね(笑)
仕切り直しにと、寝床寄席でのトリをつとめるはずの小草若が、まさかの失踪!?

第24週「蛇の道はヘビー」
師匠の3回忌法要が開かれるもそこに小草若の姿はなく、寝床寄席の失踪事件から行方知れずの小草若。
まさか、3年近くも居場所がわからない設定っていうのには、ビックリでした!
鞍馬会長から残った弟子の中で「草若」の名を誰かが襲名すれば常打小屋の建設もあるといわれて、悩む一門。
草原や若狭は草々が継ぐのが一番だといいますが、四草だけは納得せず・・・。
小草若の元へ行こうとする草々を止めたシーン。おっ!四草さんらしからぬ大きな声!その後の縁側のシーンはいいですねぇ。小草若と一緒に暮らしてたからこそわかるものもあったのかなぁ~なんて思いながら、心の中では草々よりもあついものを持っている人なんだなと、実感。
小浜に姿を現した小草若、一旦は落語をやめると若狭に宣言するも、塗箸のイベント会場でついに「はてなの茶碗」を!!

気が付けば、再放送もあと2週を残すのみ。この2週分+まいご3兄弟はきちんと書きたいなぁ(願望)
掲示板も復活しましたし、公式HPでは広報スタッフ座談会の前編も公開になりました!なんだかスタッフさんの会話もテンポがいいっていうかちりとてちんの中身そのものみたいな、結束力がありますね。
虎さんのスタパサーバーダウン事件は最初気付かなかったんですか(笑)後編の公開も楽しみですね。

さてさて、今日から虎ノ介さんの舞台がスタート!無事に終わるといいですねぇ~。11日が楽しみ、楽しみ



2010.09.03 発見w(゜o゜)w
ホントに、9月なんでしょうか(´~`;)秋じゃない!

そんな中、最近、近くのTSUTAYAで『ニュース速報は流れた』のレンタルDVDが入ってる!?

(ノ゜O゜)ノもう、近場のレンタルショップには、入らないから、ネットレンタルでもトライしてみるかと思いましたが、コレで見れる!Vol.1がちょうど貸出中だったので、今度ゆっくりと借りてきて見てみようと思います!
ふふっ、楽しみ~(#^.^#)

そういえば、何かと話題な映画『ネムリバ』
ちょっと調べたら、この作品は、シネマプロットコンペティションで準グランプリになって映画化。
過去にこのコンペティションで入賞から映画化の後、DVD化して発売されたものもあるので、(雨の翼という作品がありました。)期待できるかもしれませんが、どんな形でも見てみたいですね。

おっと!ちりとてちんの感想も、近日中にアップしますf^_^;
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。